恋人作るより風俗嬢

恋人よりも風俗嬢の方が良いと思った体験談です。

転勤族の利を活かして

学生時代は保守的な性格から、この年齢で結婚してマイホーム建てて子供は何人でと、両親も呆れる程の人生計画を声にしていた私でしたが、なぜか就職した業種は転勤族確定のジャンルでした。入社から僅か数年の間に、早くも日本列島を転々とする生活の中、遠距離恋愛を続ける難しさを思い知らされ、マイホームに定住する計画も自然消滅してしまいました。それでもこの仕事が楽しいと思えている密かな理由、それが各地の風俗を楽しめる事に他なりません。まだまだ全国制覇には程遠いレベルですが、各地の風俗の特徴が興味深く、中でもデリヘル嬢が話す方言が可愛くて、プレイタイムは勿論ですが、お喋りタイムも満喫させてもらっています。さすがに会社側が準備した住まいにデリヘル嬢っていうのは、万一のリスクを考えると危険なので、もっぱらホテル利用ですが、これもまた密会気分が味わえて盛り上がります。幸い海外赴任の可能性は現時点では皆無の職場ですので、次の赴任先でのデリヘル利用が早くも楽しみだったりします。

投稿日:2017年10月16日

公募の賞金でデリヘルを満喫

趣味で応募を続けていた写真コンテストにようやく入選の知らせが届き、喜び勇んで自慢気に妻に報告するも、我関せずというか無関心無反応はやはりの想定内。賞金が出ると聞けば反応も違ったのでしょうが、ならばと当然内緒にしておいて、これは自分へのプレゼントだと使い道を思案した結果、あぶく銭だから泡でパッと散財してやろうと、久々に風俗に費やす事にしました。ちなみに私が迷わず選んだのがデリヘル。何でもデリヘル嬢と外で待ち合わせて揃ってホテルへ移動する、疑似恋愛気分も楽しめるというのが魅力的でしたし、クレジット決済対応も財布の中身を案じずに済むので魅力です。ペーパーレスで利用明細を家族に見られるリスクもありませんし、完璧な風俗の満喫が叶うと、期待と下半身を膨らませて臨んだデリヘル嬢との夢の時間は、当然期待通り以上でした。ところが今頃になって、唯一の不安点に気づいてしまったのです。それは賞金が現金書留で私の不在時に配達される可能性でした。勿論慌てて主催者に連絡から配慮をお願いしましたよ。みなさんも予期せぬ臨時収入でデリヘルを楽しまれる際には、こうしたケアレスミスに繋がる油断にご注意くださいね。